海釣り時の日焼け対策

紫外線8
私は海釣りをするのが趣味なのですが、釣り時に日焼け対策を怠りません。今からの季節は海に出掛けることも多くなりますのでしっかりと対策が必要になります。

 

まず気を付けたい時間帯が朝方と夕方です。

朝方は日が昇りお昼間に比べて少し肌寒く日焼けをしないだろうと少し油断しがちで海の反射により意外と焼けがちです。お昼間にかけてはサンカットタイプのサングラスを着用すると眩しさによる目の疲れも軽減されて一石二鳥です。

 

あとは服装は勿論、日差しよけの帽子。

これはキャップだと結構海沿いは風が強くなったりもするので、紐付きタイプの後ろまで覆える帽子がオススメです。農作業用の帽子だと今では結構可愛いのまでネットで安くで手に入れる事ができます。
そしてマスクも必需品です。

 

海からの日の照り返しは下からのほうが強いので口元や鼻先がなんか黒いことが多いです。

そして上下の服装は風通しの良いものでシャカシャカした素材の服がオススメです。カッパもなかなかいいのですが、暑くなって脱いでしまいたくなるので、ランニングウェアとかでUVカットよう用のパーカーなども売っているのでそれもおすすめです。

手が一番難関のような気がしますが、最初は液体タイプのものでしっかりとSPF50のもので塗っておきます。

そして汗のかき具合や時間帯によってスプレータイプの日焼け止めをこまめに塗っておく感じです。袖のちょっとなかのほうまで塗っておいたほうが安心です。

 

夕方になると日がしずんで少し肌寒くなるのでここも要注意なのですが、サングラスはオススメしません。

だんだんと見えなくなってきて海という場所ですので危険にさらされたときに見えにくいとなるとすぐ行動ができなくなってしまいますので、夕方になってきたらサングラスははずし、目の周りは液体タイプやパウダーファンデーションのUVカットのものをくまなく塗る程度で大丈夫だと思います。海での日焼けは思った以上に焼けるのでその覚悟で対策をしていったほうがいいと思います。

 

参考
トップページ
体の外からだけでなく、中からも紫外線対策。