一年中行う紫外線対策!

紫外線1
紫外線というと、夏が一番強いと感じます。それは、夏は暑いという、そんな印象があるからです。しかし、紫外線対策は、一年中必要なのです。そのため、一年中そのことについて意識をして対策を取ることが必要です。

 

外出時は帽子をかぶる

外出をする時には、冬であっても帽子をかぶることにしています。帽子をかぶることによって、髪の毛を紫外線から予防することができますね。案外と髪の毛が傷むことが多いので、そのことも考えて紫外線対策として頭をまもることができる帽子を使っています。

 

サングラスを使用する

日差しが強い時には、サングラスを必ず使うことにしています。それはサングラスをかけることによって、目から受ける紫外線をシャットアウトすることができるのです。紫外線は、目からも吸収されています。その結果、体内でメラニンが増えることになるのです。そのことを思うと、目も予防することはとても大切なことですね。

 

長袖をきる

洋服として、どんな時でも長袖をきることにしています。夏の暑い時も、長袖をきることにするのです。すると紫外線から、腕を守る事ができます。その時、半袖であるとその部位が日焼けを起こします。するとその日焼けをおこしたあとに、シミになることがありますね。後からそのことがわかるので、予防することはとても大切です。

 

紫外線防止クリームを塗る

紫外線を受けた時、そのことを少しでも軽減させるためには、やっぱり日焼けドメクリームは強い味方です。そしてそれは、冬であっても塗ることがあります。冬でも暑いと思うこともありますね。寒いと思う時でも、紫外線を浴びていることがあるので、冬のほいうが要注意と言えます。

 

ビタミンやミネラルをたっぷりと取る

食事では、ビタミンCなどを多く含む食品をできるだけ取ることにしています。メラニンの生成を予防することができます。
サプリなんかでもアスコルビン酸といったビタミンを補給できます。 ロスミンローヤルとキミエホワイトプラスがまあ有名どころではないでしょうか?

 

機能性表示食品なんで安心して口にもできます。キミエホワイトプラスの口コミも参考に

紫外線が気になるなら紫外線が強い時間帯は引きこもるに限ります

紫外線の最大にして一番効果的な対策は、そもそも紫外線が強い時間帯に外に出ないようにすることが一番です。もちろん毎日引きこもっているわけにはいきませんが、可能な限り用事は早朝か夕方以降、日が沈んでからにするようにして、日中の一番日差しと紫外線が強い時間帯には、紫外線対策を施した部屋の中にいるように心がけています。

 

外勤をしていた頃は、日中職場の建物の中にいたので自然とそうした対策ができていましたし、休日は日差しが強い中をわざわざ外に出歩くほど活動的ではなかったので、苦もなく家の中で趣味を楽しみながら過ごしていました。今は在宅で仕事をしている関係で日中は仕事をする時間に充てて、その他の用事はほとんど夜に行っています。結果的に肌トラブルが少なくなりました。

 

元々紫外線に対して軽度のアレルギーがあり、特に夏場の紫外線がきつい季節には湿疹や目の充血、口唇炎に悩まされます。日焼け止めを塗って長袖を着て、日傘を差したり帽子を被ったりと対策をしてもやはり何かしらの肌トラブルが起こってしまうのです。そんな苦労をしてまで積極的に出かけたいとは思わないので、そんな季節には買い物は可能な限り通販で、どうしても出かけなければならないときには夜に、といった基本引きこもり生活を送っています。今はスーパーも深夜まで開いているところが多いので不便はありません。日中の部屋の中では紫外線防止カーテンをかけつつ、肌に優しい軽い日焼け止めを塗って対策をしていますが、外に出かけない分肌の調子は驚くほどいいです。
紫外線2
日中の引きこもり生活が可能な仕事をしているからできることだと思いますが、私にはベストな紫外線対策だと思っています。それでも友達に誘われて夏場の日中に出かけることもありますが、肌の状態は一発で悪くなりますので正直腰が重いです。

日焼け対策には塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めの両方を使用するのがおすすめ

昔から日焼け止め対策はありますが、今は塗るタイプの日焼け止めよりも飲むタイプの日焼け止めを使って日焼け止めを使うのが一般的になってきました。

 

この飲むタイプの日焼け止めが良いのはなんと言っても塗るタイプの日焼け止めとは違って飲むだけで紫外線対策ができる点にあります。

 

ただ、中には紫外線対策には塗るタイプの日焼け止めがある以上飲むタイプの日焼け止めがどうやって紫外線から肌を守るのかと感じる人もいるかと思います。

 

確かに塗るタイプの日焼け止めと塗るタイプの日焼け止めは全然違う物です。なので、飲むタイプの日焼け止めと塗るタイプの日焼け止めが同じ物だと思うのは間違いです。

 

では、具体的に塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めはどう違うのかというと、それは塗るタイプの日焼け止めは紫外線から肌を保護するために使用するのに対して飲むタイプの日焼け止めは紫外線を浴びた肌が体内でメラニン色素を作り出すのを防ぐために使用するものです。
ですから、同じ日焼け止めでも塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めではその作用は全然違います。
紫外線3
ですから、私は日焼け止めは塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めの両方を使っています。

 

そうやって二重に日焼け止め対策をする事で肌が日焼けしないようにしています。
確かに中にはどちらか一方だけ日焼け止めを使っていれば良いと思う人もいるかと思います。
ですが、実際には塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めの両方を使う事で体全体の日焼け止めが可能になります。

 

なぜなら、塗るタイプの日焼け止めを使っても塗れない箇所の日焼け止めはできないからです。ですが、塗るタイプの日焼け止めを使えば塗れない箇所の日焼けも防げるので私は
塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めの両方を使って対策をしています。

更新履歴